グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  歯科衛生士バンクとは?

歯科衛生士バンクとは?



愛知県歯科衛生士バンクとは?

愛知県歯科衛生士バンクは、愛知県歯科医師会が愛知県の委託を受けて運営しています。
近年、歯科医療における歯科衛生士さんの役割は大変重要となっています。そのため、資格を持ちながら仕事についていない潜在歯科衛生士を、現場に戻ってきてもらおうという働きが盛んになってきています。
この歯科衛生士バンクの登録者には、メールマガジンにより最新の情報を発信しています。また、愛知県歯科求人・求職サイト(無料職業紹介所)を通し、求人を希望している歯科医院を紹介したり、見学の斡旋などを行い、休職中の歯科衛生士さんの復職のお手伝いをしています。

歯科衛生士バンク登録について



登録方法について

下記の「歯科衛生士バンク登録」ボタンより、必要事項の記入をいただき、最後に「登録する」のボタンを押していただけましたら完了です。登録が完了しましたら、登録完了メールが届きますのでご確認ください。



登録のメリット

休職中の方だけでなく、歯科衛生士の資格があれば誰でも登録できます!

歯科医師会主催の各種研修会に参加できます

各種研修会では、歯周病治療、訪問診療のスキルアップに繋がります!
愛知県歯科求人・求職サイトにアクセスできます

求人情報はもちろん無料、インターネットの環境さえあれば、いつでも検索が可能です!

復職に役立つ情報が定期的(3か月に一度)にメールで配信されます

復職する際に安心できるよう、歯科衛生士の仕事に役立つ情報がメールで届きます!

登録に必要な情報について

メールアドレス氏名市町村名のみの登録となります。もちろん、登録に伴う費用は無料です。(お預かりした個人情報は本人の同意なしに第三者に開示する事はありません。)


歯科衛生士再就業支援事業

愛知県では歯科衛生士の数が足りません!!

愛知県は、人口10万人あたりの歯科衛生士就業者数が全国で4番目に低く、徳島県の半数以下である。また、歯科診療所1か所あたりの歯科衛生士数も徳島県の約半数である。
●愛知県歯科医師会員に対するアンケート結果

※歯科衛生士が不足していない医院601医院
※6割近くの歯科医院で歯科衛生士が不足してる

●平成28年都道府県別
人口10万人あたりの歯科衛生士数

●歯科診療所1か所当りの
歯科衛生士数

歯科衛生士が不足している理由は?

1.歯科衛生士需要の増加
  • 口腔ケア(訪問歯科衛生指導)への要望の高まり
    口腔ケアが、誤嚥性肺炎予防に効果的であることが認知され高齢者施設や病院が積極的に取り入れるようになった。
  • 歯科衛生士のいない医院は施設基準を満たせない
    外来環(歯科外来診療環境体制加算)の施設基準に「歯科衛生士が1名以上配置されていること」とある

2.就業率の低さ
  • 有資格者の約6割が未就業である(潜在歯科衛生士の存在)
    歯科衛生士の有資格者 256,209人
    歯科診療所などの就業者数 116,299人

年齢階級別にみた就業歯科衛生士数の年次推移

※クリックすると拡大します

全国では働いている歯科衛生士の数は年々増えており、特に35歳以上の就業者が多くなってきている。歯科衛生士需要の増加により、キャリアを切らさないで働いているか、子育てが一段落した年代が復職してきているのではないかと思われる。しかし、それでも歯科衛生士の数は不足しているのが愛知県の現状である。

未就業の歯科衛生士さん244人に聞きました!

平成27年度歯科衛生士就業実態調査報告書より
未就業者の実態像
  • 年齢は約8割が30~45歳未満
  • 離職の理由は、出産・育児、結婚
  • 条件があえば再就職したいと考えている
  • 求人媒体にハローワークや情報誌を使う
  • 再就職の希望勤務形態はパートを希望
  • 勤務時間、スキルや知識の不安がある
再就職時に望むサービス・サポート
  • 良好な職場環境の整備
  • 研修事業
  • 相談窓口  を希望している




愛知県の歯科衛生士不足の解消のためには皆さんのご協力が必要です! 
その資格、活かしてみませんか?